最後の治療


私が治療をしていて日々驚くのは、以前に治療した箇所を再度治すために診療に訪れる患者さまの多いこと。
被せ物が取れてしまった、その内側が虫歯になっていた、詰め物が欠けてしまった……。
そういった理由で来院される方がほとんどなのです。
しかし、実はそれは先進国では日本だけの現象です。
歯科医は、患者さまの苦痛や負担を軽減し、健康な歯を保ち続けるためのお手伝いをする役割を担っていると考えます。

私は、歯科医として患者さまのために、「当たり前の治療」をすれば本来はこういった再治療はあり得ないと考えております。
当クリニックでは、被せ物や詰め物が取れるといった無駄な再治療が起きないような患者さまにとって「当たり前の丁寧かつ必須な治療」を提供いたします。
そして、治療の後は患者さまの歯が持つ本来の美しさを維持するサポートをさせていただきます。

私にとって「歯医者さん」と言えば、昔から怖い存在でした。痛みもなく、まして怖いと思われないような治療はどのようにすればできるのか?
私の究極の課題になりました。治療の技術向上と絶え間ない研鑽。そして何よりも大切なのは、常に患者さんの立場に立って行動することだと思っております。 北山デンタルクリニックに訪れる皆さまに笑顔になって頂けるよう頑張って参ります。

治療済みの歯にトラブルが起きたため、それを再治療する。
日本では、半分以上の患者さまが再治療にいらっしゃるという現状を目の当たりにして、なんとかできないものかと日々考えていました。
治療をしても、数年後には被せ物や詰め物が取れてしまう。
あるいは、被せ物の中では虫歯がさらに進行している。
そうすると、新たに歯を削らなければなりません。
しかし、削ったり抜いたりした歯は、もう二度と元には戻らないのです。治療→再治療→治療→再治療……、一生この繰り返しで本当によいのでしょうか? しかも、治療のたびに患者さまは苦痛を感じられることと思います。

電話受付時間
月~日・祝 10:30~20:00
〒104-0061
東京都中央区銀座1-3-3 G1ビル3F
年中無休
HOME