一般歯科

一般歯科とは

一般歯科とは、虫歯と歯周病、歯槽膿漏の治療、および歯牙欠損部の補綴(おぎなうこと)を主とする歯科診療のことで歯科診療全般における治療を指しますが、皆さんが歯が痛くなって歯医者に訪れた際に行われる「虫歯の治療」として、削って詰める、銀歯を入れる、深い虫歯の根の中の治療をして歯を残す、銀歯をかぶせる、入れ歯を入れるなどの保険適用治療のことです。

北山デンタルの一般歯科では痛みのある歯の治療はもちろんですが、まずは口の中全体を検診し、検診結果から問題を見つけ患者さまに現状をしっかり把握していただき、ご要望をお聞きして患者さまに合ったオーダーメイド治療プランをご提案させていただき、患者さま自身で治療プランを選択していただきます。

当院は最新の設備を揃えており、細部の治療に関しては精密治療を行なうことも可能で、神経に触れたり、余計な部分を削ったりという治療の粗を極力なくすことを可能にしております。治療の粗をなくすことにより「痛みのない治療」も可能にしております。

虫歯とは

虫歯はお口の中に残っている細菌によって歯の表面の一番かたいエナメル質を溶かしてしまうことからはじまります。
そのあとエナメル質よりもやわらかい象牙質、歯髄へまで進行し、神経まで届くと強い痛みを感じます。」皆さんが歯医者に駆け込むのはこの状態が多いのでないのでしょうか。
虫歯は治療せずに放置しておくと、自然治癒することなく、徐々に進行していきます。
最初は小さな穴であったものが、だんだん大きくなり、治療するにも大きな痛みを伴うようになります。
違和感を感じたら、すぐ歯科医で診てもらいましょう。

歯周病とは

歯周病とは歯垢から派生する細菌が原因で歯を支えている組織に起こる症状のことです。
歯肉(歯ぐき)と歯の間には歯周ポケットという1mmくらいのすき間があります。
歯垢をしっかり除去できていないとみこのポケットに歯垢がたまり、たまった歯垢たまり、歯石をつくり、すき間を押し広げていきます。
これを積み重ねることで歯肉が炎症を起こします。これが歯肉炎で、歯周病の第一歩です。
歯肉炎にかかると歯ぐきは赤く腫れ、リンゴをかじったときなどに歯ぐきから血が出ます。
歯肉炎を放置しておくと症状はますます悪化し、歯周炎へと進んでいきます。

電話受付時間
月~日・祝 10:30~20:00
〒104-0061
東京都中央区銀座1-3-3 G1ビル3F
年中無休
HOME