インプラント治療

北山デンタルのインプラント治療

北山デンタルのインプラント治療

当院のインプラント治療は、インプラントを顎の骨に埋め込みインプラントと骨が定着した後に、アバットメント(インプラントと人口歯を結合する器具)を連結させる「2回法」という手術法を採用しています。
この方法は、一度歯茎を閉じてインプラントと骨が定着する期間を作ることでよりしっかりとご自身の骨と固定された歯にすることができ、また感染のリスクも少ない点がメリットです。1回法は手術の回数が少ないためメリットが大きいようにも思いますが、歯槽骨が少ないなどといった骨の状態や症状によっては感染リスクが高まる可能性があります。
当院では患者さまのリスクを減らすためにも安全性の高い2回法で手術を行っています。

2回法の特徴

【1】1次手術

【2】2次手術

 

北山デンタルのインプラント治療の特徴
1.徹底的な安全体制

歯が抜けてしまった原因をまずは徹底的に診査することが大切です。抜けてしまった歯だけではなく口腔内全体をチェックし、他の歯に虫歯や歯周病があった際にはインプラント治療を行う前にすべての治療を行います。
事前に他の歯を健全な状態にすることで、インプラント治療の際に口腔内の雑菌による感染などが起こるリスクを排除します。
さらに手術時には完全な無菌状態で治療を行うことで、院内感染などのリスクも徹底して排除しています。

2.一人ひとりにあわせた治療方針

当院では患者さまのライフスタイルに合わせた治療法を提案しています。虫歯や歯周病などで歯を失ってしまった場合、治療法は入れ歯、ブリッジ、インプラントなどいくつかの治療法がありますが、こちらから一方的な治療法の提案は行っておりません。
診査結果やカウンセリングで伺った内容を元に、適した治療法のメリットやデメリットをきちんと説明し、ご理解いただいた上で治療を行っております。

3.丁寧なアフターフォロー

インプラント治療によって人工歯を埋め込んだ後も定期的に健診を行っています。インプラント治療後の人工歯は虫歯になることはありませんが、歯周病になる可能性は自然歯同様にあります。
また噛み合わせに問題ないか、汚れや歯石がついてないかなど全体的にチェックを行い、術後も快適な生活を送れるようにサポートしています。


当院のインプラントでは技術研修を受け認定を受けた医師が治療を行います

インプラント治療は歯科医師の技術によって仕上がりに大きな差が生まれます。そのため、歯科医師の研修や技術鍛錬は必須となります。
当院の歯科医師は1度や2度程度ではなく様々な研修や技術講習を受け、認定を受けております。
今後も技術鍛錬には力を入れていき、患者さまにより最高のインプラント治療をご提供できるように努めます。

電話受付時間
月~日・祝 10:30~20:00
〒104-0061
東京都中央区銀座1-3-3 G1ビル3F
年中無休
HOME