また“噛める”喜びを取り戻してほしい

インプラント治療

インプラント治療とは

インプラント治療とは、失った歯の代わりに人口の歯を埋め込み、自然歯同様の機能を取り戻す治療法です。

私たちが普段「歯」と呼ぶ、口腔内に見える部分は「歯冠(しかん)」と言います。そして、その下には根っこのような 「歯根(しこん)」というものが存在しており、顎の骨とつながっています。

虫歯や歯周病によって、歯根ごと歯が失われてしまった場合、インプラント治療では、歯根の代わりに人工歯根(インプラント)を埋め、その上に被せ物をすることで、自然の歯と同じような機能の回復を目指します。インプラントは骨との結合力が強いチタンという金属でできているため、咀嚼などによって強い力がかかっても耐えることができます。

なお、インプラント治療では、歯根部分となるインプラント、被せ物となる人工歯、この2つを連結させるアバットメントの3部品で治療を行います。

インプラント治療の3つのメリット

違和感のない仕上がり
インプラント治療の場合、最終的にセラミックを使った人工歯を被せるため、天然歯と同じ自然な見た目に仕上がりになります。また、歯を被せるだけではなく、人工の歯根(インプラント)がしっかりと取り付けられるため、食事や会話、歯みがきといった日常生活における違和感はほぼありません。

今まで同様に噛める
インプラントを顎骨にしっかり固定するため、本来の歯と同様に食事をすることができます。また咀嚼の際に痛みや違和感がないため、固いものも噛むことができ「噛む力」を取り戻せます。治療後も自分の歯と同じように噛めるのは、インプラントしかありません。

周囲の歯に負担をかけない
バネで固定する入れ歯や、健康な場合でも隣の歯を削る必要があるブリッジと異なり、インプラント治療では顎骨とインプラントをしっかり固定して土台を作るため、周囲の健康な歯を傷つけることは一切ありません。ご自身の大切な歯を維持することができます。

他の治療法との違い(他の歯を傷つけない治療法)

何らかの事情で歯を失ってしまった場合は、早急な治療が必要です。
そのまま放置しておくと、以下のようなリスクが発生するので、注意しましょう。

対合歯(噛み合う歯)が伸びてくる

特定の歯と噛み合う歯のことを「対合歯」と言います。歯が失われてしまった場合、対合歯は噛み合う歯がなくなってしまいます。その結果、垂直の力がかからなくなり、徐々に伸びてきてしまう可能性があります。

両隣の歯が傾き、噛み合わせに悪影響を及ぼす

歯はすべてが生えそろっていることで、それぞれのバランスを保っています。しかし、1本でも歯が失われてしまった場合、本来加えられているはずの力がかからなくなり、噛み合わせが悪くなることがあります。特に、欠損歯(失われた歯)の両隣にある歯は、空間に向かって傾く傾向にあります。
また、失われた本数が多いと物を噛むこと自体が困難になります。すると、残存歯が多いほうの歯ばかりで物を噛む(偏側咀嚼)ようになり、噛み合わせ全体の乱れにつながることも。最終的には、顎の動きや顔つきにまで悪影響を与えるケースもあるのです。

腰痛や肩こりの原因になることも

噛み合わせが悪くなると、顎関節症が引き起こす場合があります。主な症状としては、顎が痛んだり、口が大きく開けられなくなったり、顎を開けた時にカクカクとした音がなるようになったりといったものです。さらに、場合によっては頭痛や腰痛、首や肩・背中の痛み、肩こりといった症状が引き起こされる可能性も。歯を失ったままにすることは、全身の悪影響にもつながると考えられます。

他の治療法との違い(他の歯を傷つけない治療法)

インプラント治療の特徴は、インプラント(人工歯根)を顎骨に埋め込むことで自然歯同様の機能を果たすことができる点です。
歯を失った際には、入れ歯やブリッジといった治療法を行うこともあります。しかし、入れ歯は装着時に違和感が生じたり、ブリッジは隣の健康な歯を削らないといけないため抵抗があるという方もいらっしゃいます。歯医者によるインプラント治療は自然歯と同じ機能を果たすため、咀嚼などによって他の歯に負担をかけることもなく、残っている歯をそのままの状態で維持できます。

他の治療法との比較

  インプラント ブリッジ 入れ歯
治療法 インプラント(人口歯根)を埋め被せ物をする 隣の歯を削り歯の抜けた部分に被せ物をする 歯茎に義歯を被せる
強度 10年以上 5年程度 数年※強く噛めない
衛星面 通常の歯と同様のケア 隣の歯も削るため隙間ができやすい 雑菌が繁殖しやすい、口臭の原因になる
影響面 周囲の歯に余計な負担をかけることもない 健康な歯を削って痛めてしまう 定期的に取り外して掃除する必要がある
食生活 自然歯同様の咀嚼が可能。 食べ物が絡みやすい 食べ物が絡みやすい

他の治療法との違い(他の歯を傷つけない治療法)

インプラント治療は外科的なアプローチが必要な治療です。手術を要するということは、その分さまざまなリスクが高まるということ。そのため、一般的な歯科治療に比べて高い技術がインプラント治療には求められます。

患者さまがインプラント治療を受ける場合は、上記の点を考慮し、歯医者選びを慎重にしなければなりません。治療を担当する歯医者のこれまでの経験や、歯科医院自体のインプラント治療実績を確認するのはもちろん、治療に必要な最新設備が揃っているかどうかも判断基準のひとつ。納得のいく治療を受けるために、ぜひこのポイントを覚えておいてください。

CTスキャンページはこちら

北山デンタルのインプラント治療

実は怖い?インプラント歯周炎

インプラントは人工物であるため、天然歯のように虫歯が発症するようなことはありません。適切なメンテナンスを行えば、長期間にわたって使用できる点が大きなメリットの治療法です。
しかし、適切なメンテナンスが行われないと、せっかく入れたインプラントが自然に抜け落ちてきてしまうケースもあります。その代表的な症状のひとつがインプラント歯周炎です。

インプラント歯周炎とは?

インプラント歯周炎とは、顎の骨に埋入したインプラントの周りの組織で炎症が引き起こされる症状を指します。初期段階ではインプラントの周りの粘膜で炎症が起き(インプラント歯周粘膜炎)、それがどんどん広がって、歯根を支える骨にまで至ることで発症します。
インプラント歯周炎の原因は、歯周病によく似ています。歯みがきを怠ったせいで歯垢(プラーク)が溜まり、細菌が増殖し毒素を放出。その結果、炎症が起こります。
初期段階では自覚症状がほとんど出ない点も歯周病に似ています。そのため、インプラント周りの歯ぐきが赤く腫れたり、ブラッシングで出血したりといった症状が現れているなら、発症を疑いましょう。

インプラント歯周炎を防ぐには治療後のメンテナンスが大切

歯周病と同じように、インプラント歯周炎は普段からのセルフケアで予防が可能です。
加えて、定期的に歯科医院へ通い、メンテナンスを受けるようにしましょう。
プロの手でチェックを行い、予防も含めた処置を受けられれば、インプラント歯周炎を未然に防げます。
インプラント治療を受けた後も、その状態を維持するためにぜひ当院まで足をお運びください。
末永いお付き合いで、患者さまの一番の歯医者となれるようお口の健康を守るお手伝いをします。

  • インプラント治療とは
  • 診察の流れ
  • 院長の想い
  • 当院のインプラント治療
  • 歯科用CTスキャンについて
  • 料金について
  • 麻酔について

インプラント治療は歯科医師の技術によって仕上がりに大きな差が生まれます。そのため、歯科医師の研修や技術鍛錬は必須となります。
当院の歯科医師は1度や2度程度ではなく様々な研修や技術講習を受け、認定を受けております。
今後も技術鍛錬には力を入れていき、患者さまにより最高のインプラント治療をご提供できるように努めます。


北山徹院長が学会で発表しました
 

開院記念キャンペーン
銀座の歯医者 北山デンタルクリニック銀座
電話番号 03-3535-1182
土日祝日も診療しています。
電話受付時間
月~日・祝:10:30~20:00
診療時間
月~日・祝:11:00~14:00 15:30~20:00
〒104-0061 東京都中央区銀座1-3-3 G1ビル3F
年中無休
痛みのある方、緊急の方は優先できるよう配慮致します。
WEB診療予約はこちらからお問い合わせはこちらから
開院記念Wキャンペーン
オールクリ―クリーニング+虫歯検診
ホワイトニング+虫歯検診
当然の治療
歯を本来の美しさに戻す
予防歯科
私たちにできる5つのこと
患者さまの声
診療案内
一般歯科
精密治療
虫歯について
歯周病について
インプラント治療
インプラント治療とは
診察の流れ
当院のインプラント治療
歯科用CTスキャンについて
院長の想い
麻酔について
審美歯科
精密治療
各種セラミック治療
ハイブリッド
金(18K)
パルプラスト
白く輝く歯
ホワイトニング
ホームホワイトニング
クリニックホワイトニング
デュアルホワイトニング
歯のクリーニング
矯正歯科
矯正治療
ドクター紹介
銀座の歯医者 北山デンタルクリニック銀座

〒104-0061
東京都中央区銀座1-3-3
G1ビル3F
TEL:03-3535-1182
診療時間
土日祝日も診療しております
月~日・祝 11:00~14:00
      15:30~20:00
電話受付時間
月~日・祝 10:30~20:00

Facebook 北山デンタル公式アカウント